三重トヨペット株式会社

沿革

三重トヨペットの歩み

各年代へ移動

1956
(昭和31年)
4月 津市下部田68-3に三重トヨペット販売株式会社を設立
資本金1,000万円、取締役社長に角田賢一が就任
マスターラインRR17型を発売
12月 三重トヨペット株式会社と商号を変更
1957
(昭和32年)
5月 四日市営業所を四日市西中町に開設
コロナST10型を発売
7月 資本金2,000万円に増資
10月 松阪営業所を松阪市鎌田町に開設
1958
(昭和33年)
10月 コロナラインST16V型を発売
1959
(昭和34年)
3月 トヨエースSK20型の6車種を発売
10月 コロナPT10型、コロナラインPT16V型、トヨエースPK20型を発売
マスターラインシングルシートRS26型を発売
1960
(昭和35年)
3月 コロナPT20型を発売
7月 資本金2,500万円に増資
8月 四日市営業所を四日市羽津店に新築移転
1961
(昭和36年)
3月 コロナ1500RT20B型を発売
労働組合結成
9月 コロナラインPT36型、トヨエースPK30型を発売
10月 コロナ1500RT20D型を発売
11月 本社を津市津興2847に新築移転
1962
(昭和37年)
5月 取締役社長に竹林昇が就任
6月 新社屋竣工
7月 資本金3,000万円に増資
8月 代表取締役社長に川喜田俊二が就任
1963
(昭和38年)
9月 トヨグライド付コロナPT20C型を発売
1964
(昭和39年)
9月 コロナRT40型シリーズ10車種を発売
1965
(昭和40年)
2月 資本金4,000万円に増資
4月 コロナスポーツ1600S・RT40S型を発売
7月 コロナハードトップRT50型、51型を発売
10月 コロナ5ドアセダンRT56型、同トヨグライド付車を発売
伊勢営業所を度会郡小俣町に開設
1966
(昭和41年)
3月 コロナバンRT46V-D型を発売
4月 創立10周年記念式典(本社サービス工場)
7月 コロナRT40DK型を発売
1967
(昭和42年)
1月 コロナバン4ドア2車種を発売
7月 新車販売累計1万台達成
8月 松阪営業所を松阪市船江町に新築移転
10月 ハイエース11車種を発売
コロナ会設立
1968
(昭和43年)
6月 上野営業所を上野市中川原に開設
10月 マークⅡ1600、1900を発売
11月 鈴鹿営業所を鈴鹿市神戸地子町に開設
1969
(昭和44年)
7月 資本金4,800万に増資
9月 桑名営業所を桑名市大字江場に開設
10月 コロナマークⅡ1900ハードトップGSSを発売
11月 熊野営業所を熊野市井戸町に開設
12月 カーセンターを鈴鹿市神戸地子町に開設
1970
(昭和45年)
7月 資本金6,000万円に増資
8月 尾鷲営業所を尾鷲市大字南浦に開設
10月 鈴鹿中古車センターを鈴鹿市庄野町に開設
11月 新車販売累計2万台達成
コロナ1500デラックスRT80-D型、
コロナマークⅡバンRT67-V型、
ハイエースRH10-B型を発売
1971
(昭和46年)
4月 創立15周年記念式典(本社サービス工場)
10月 高茶屋中古車センターを津市高茶屋に開設
1972
(昭和47年)
1月 マークⅡLシリーズを発売
2月 四日市南営業所を四日市新正2丁目に開設
(既設の四日市営業所を四日市北営業所と改称)
5月 EFI(電子制御式燃料噴射装置)付マークⅡを発売
12月 四日市北営業所を改築移転
1973
(昭和48年)
4月 新車販売累計3万台を達成
6月 津中古車センターを津市津興に新築移転
8月 四日市中古車センターを四日市新正2丁目に開設
コロナ1600,1800、2000を発売
1974
(昭和49年)
1月 伊勢中古車センターを伊勢市瀬田町に開設
11月 本社所在地、津市条例により津市津興2847から
津市上弁財町4-1となる
1975
(昭和50年)
6月 松阪中古車センターを一志郡三雲町市場庄1308-2に開設
9月 新車販売累計4万台達成
1976
(昭和51年)
5月 第1回ふれあいグリーンキャンペーンを開催
創立20周年記念式典(三重県社会福祉会館)
9月 志摩営業所を志摩市阿児町字大谷388-255に開設
12月 マークⅡMX30型を発売
1977
(昭和52年)
2月 ハイエースRH20型を発売
9月 鈴鹿中古車センターを鈴鹿市神戸地子町に新築移転
日本カモシカセンターに野生生物パトロールカーを寄贈
(以降5年に1回のペースで寄贈)
1978
(昭和53年)
2月 新車販売累計5万台達成
8月 FFコルサAL10型を発売
9月 53年度規制に適合したコロナTT130型を発売
伊勢中古車センターを度会郡小俣町湯田1558に新築移転
(既設の伊勢中古車センターを伊勢中古車センター五十鈴川出張所と改称)
10月 津北営業所を津市栗真中山町字小八丁子148-5に新築移転
(本社北営業所を津北営業所、本社南営業所を本社営業所と改称)
コロナセダン2000SLを発売
1979
(昭和54年)
3月 トヨエースRY20型を発売
6月 桑名中古車センターを桑名市大字大福字寺跡449-1に新築移転
11月 新車販売累計6万台達成
12月 四日市中古車センターを四日市市堀木2-1-1に新築移転
1980
(昭和55年)
5月 亀山カーセンターを亀山市太岡寺町字女夫岩883に新築開設
7月 伊勢営業所所在地を土地改良法により変更し 度会郡小俣町宮前284とする
10月 鈴鹿鈑金塗装工場を鈴鹿市神戸地子町に開設
マークⅡGX60型を発売
12月 日本の年間自動車生産台数1,000万台突破
1981
(昭和56年)
2月 ソアラを発売
5月 名張中古車センターを名張市黒田字高柳2769に、名張出張所を同所2764に
上野中古車センターを上野市平野中川原486-3にそれぞれ開設
7月 創立25周年記念式典
10月 新車販売累計7万台達成
1982
(昭和57年)
6月 名張出張所を名張営業所と改称
鷲中古車センターを尾鷲市大字南浦字上中川1346-1に開設
コロナセダン1800EXサルーンAD型を発売
1983
(昭和58年)
1月 コロナFF5ドア車AT150型を発売
4月 亀山営業所を亀山市太岡寺町字女夫岩883に開設
7月 新車販売台数8万台達成
(QCサークル活動導入)
(C80システム導入)
1984
(昭和59年)
1月 名張営業所内に名張研修センターを開設
5月 桑名中古車センターを桑名市大字江場字寺前に新築移転
東員営業所を員弁郡東員町大字鳥取字大華表378-1に新築移転
6月 代表取締役社長に川喜田久が就任
8月 マークⅡGX70型を発売
トヨタ、製造業初の売上げ5兆円企業に
11月 マークⅡワゴン・バンを発売
1985
(昭和60年)
3月 新車販売累計台数9万台達成
1986
(昭和61年)
1月 ソアラMZ20型を発売
5月 コルサEL30型を発売
7月 創立30周年記念式典(三重県文化会館・板東英二講演)
11月 新車販売累計台数10万台達成
1987
(昭和62年)
12月 コロナST170型を発売
1988
(昭和63年)
7月 新車販売累計台数11万台達成
8月 マークⅡGX80型を発売
ハイエースワゴンRZH100G型を発売
1989
(平成元年)
4月 四日市営業所を改築
5月 四日市生桑営業所を四日市市小杉町字東川原406-1に新築開設
9月 コロナエクシヴを発売
10月 セルシオを発売
11月 一志営業所を一志郡一志町日置203に新築開設
12月 新車販売累計台数12万台達成
1990
(平成2年)
9月 コルサEL40型を発売
1991
(平成3年)
1月 松阪大黒田営業所を松阪市大黒田町705に新築開設
3月 新車販売累計台数13万台達成
4月 創立35周年記念式典(久居市民会館)
5月 ソアラJZZ30型を発売
8月 桑名営業所を新築
11月 名張営業所を新築
1992
(平成4年)
6月 鈴鹿ボデーショップを増改築
8月 新車販売累計台数14万台達成
9月 鈴鹿営業所を改築
10月 マークⅡハードトップJZX90型を発売
11月 カルディナワゴン、バンを発売(コロナバンは廃止)
1993
(平成5年)
2月 四日市日野店(四日市中古車センター改め)を四日市東日野1-4-40に新築移転
11月 上野営業所を改築
1994
(平成6年)
3月 新車販売累計台数15万台達成
9月 コルサEL51型を発売
1995
(平成7年)
4月 三重県知事より緑化推進の表彰状を受ける
5月 アバロンを発売
トヨエース、ハイエースを発売
10月 新車販売累計台数16万台達成
サイノスEL54型、ハイラックスサーフKZN185型を発売
1996
(平成8年)
1月 プレミオ(旧コロナ)を発売
4月 クリーンキャンペーン(地域清掃活動)を開始
5月 イプサムを発売
7月 創立40周年記念式典(メトロポリタン倶楽部)
9月 本社新社屋竣工
マークⅡGX100型を発売
10月 三重県赤十字社センターにカルディナバンを寄贈
11月 物故者慰霊祭
1997
(平成9年)
3月 新車販売累計台数17万台達成
4月 ハイエースレジアスを発売
マークⅡクオリスを発売
10月 セルシオUCF20型を発売
12月 ハリアーを発売
カルディナワゴンST210G型を発売
1998
(平成10年)
5月 プログレを発売
9月 鈴鹿ボデーショップを分社化し、株式会社テクノス三重を設立
1999
(平成11年)
1月 新車販売累計台数18万台達成
5月 キャミを発売
7月 伊勢営業所を改築
8月 プラッツを発売
ツーリングハイエースRCH41W型を発売
2000
(平成12年)
5月 Opaを発売
7月 オリジンを発売
8月 T-UP鈴鹿店を鈴鹿市南玉垣町字一色2259-1に開設
社団法人国土緑化推進機構より国土緑化推進功労賞を受賞
マークⅡGX110型を発売
2001
(平成13年)
1月 新車販売累計台数19万台達成
3月 ISO14001認証取得
東建コーポレーションカップ(多度カントリークラブ名古屋)にマークⅡを提供
4月 創立45周年
10月 四日市日野店をリクルマ四日市日野店に改築
松阪営業所・松阪大黒田営業所を統合し、松阪市塚本町78-1に松阪塚本店を新築開設
2002
(平成14年)
1月 マークⅡブリッドを発売
4月 鈴鹿マイカーセンターをリクルマ鈴鹿店に改築
5月 テクノス三重松阪ボデーショップを松阪市船江町1390に開設
istを発売
アルファードGを発売
6月 桑名大山田店をジェームス複合店として桑名市藤が丘4-201に新築開設
7月 サクシードを発売
10月 松阪三雲店をリクルマ松阪三雲店に改築
新車販売累計台数20万台達成
2003
(平成15年)
1月 店舗名称変更、全拠点を営業所から店に改名
2月 亀山インター店・U-Car事業部を併設し新築開設、総称を亀山総合センターに
7月 アルファードハイブリッドを発売
9月 新企業理念を制定
伊勢小俣店をリクルマ伊勢小俣店に改築
プリウスの取扱い開始
2004
(平成16年)
3月 リクルマ津垂水本店をリクルマ店舗に改装
ISO14001、全店舗認証取得(本部および23店舗)
5月 新車販売累計台数21万台達成
7月 ポルテを発売
10月 代表取締役社長の川喜田が国土交通大臣表彰を受賞
11月 津栗真店を全面改装
高級セダン・マークX(エックス)を発売
2005
(平成17年)
3月 新人事制度を制定(4月より運用)
8月 レクサス四日市を四日市市新正3-4-10に新築開設
レクサスGS、IS、SCを発売
10月 ラクティスを発売
11月 ベルタを発売
2006
(平成18年)
2月 ラッシュを発売
3月 レクサスGSハイブリッドを発売
4月 トヨペット店チャネル創立50周年記念特別仕様車を発売
6月 全店舗に介助専門士を配置
7月 創立50周年記念式典
新CMソング発売
9月 レクサスLSを発売
11月 亀山BPセンター新築移転
2007
(平成19年)
1月 ブレイド発売
6月 プレミオ発売
7月 ポルテ発売
9月 セーフティーキャンペーン開始
ヴァンガード発売
10月 マーク X ZiO発売
12月 ウエルキャブステーション 鈴鹿神戸店 改築
2008
(平成20年)
1月 ラクティス発売
5月 アルファード発売
9月 第2回セーフティーキャンペーン 災害用飲料水を各店舗に100本備蓄
11月 全国身体障がい者 ゴルフ大会にボランティアで参加(以降、毎年参加)
ラッシュ発売
2009
(平成21年)
5月 プリウス発売
7月 一志日置店 改築
プリウス絆シリーズ発売
レクサスHS発売
11月 マーク X 発売
12月 SAI発売
2010
(平成22年)
1月 アルファード絆シリーズ発売
5月 プレミオ発売
6月 川喜田半泥子のすべて展に協賛
11月 ラクティス発売
2011
(平成23年)
1月 レクサスCT発売
6月 プリウスα発売
ハイエース絆シリーズ発売
10月 ラクティス特別仕様車『ミスドラクティス』発売
11月 プリウスマイナーチェンジ
12月 和(なごみ)プロジェクトスタート
新型AQUA発売
2012
(平成24年)
1月 プリウスPHV発売
リクルマ本店を津垂水本店と統合
2月 新型小型FRスポーツ86(ハチロク)を発売
4月 リクルマ四日市日野店を四日市羽津店と統合
6月 86絆シリーズ発売
アクア絆・和シリーズ発売
7月 新型ポルテ発売
ポルテ絆・和シリーズ発売
8月 新型マークX発売
10月 レクサスLSマイナーチェンジ
11月 四日市羽津店新築
2013
(平成25年)
1月 レクサスHSマイナーチェンジ
3月 リクルマ松阪三雲店を松阪塚本店と統合
4月 リクルマ鈴鹿神戸店を鈴鹿神戸店と統合
リクルマ伊勢小俣店を伊勢小俣店と統合
8月 新型SAI発売
11月 新型ハイエース発売
12月 新型ハリアー発売
2014
(平成26年)
1月 レクサスCTマイナーチェンジ
4月 プリウスα絆シリーズ発売
新型86発売
5月 新型ラクティス発売
8月 レクサスNXマイナーチェンジ
サクシード発売
10月 エスクァイア発売
レクサスRCマイナーチェンジ
11月 新型プリウスα発売
12月 MIRAI発売
AQUA マイナーチェンジ
2015
(平成27年)
1月 アルファード モデルチェンジ
2月 ウェルキャブステーション 津垂水本店開設
7月 シエンタ発売
8月 レクサスLXマイナーチェンジ
10月 新型アベンシス発売
レクサスRXマイナーチェンジ
新人事制度を制定
11月 レクサスGSマイナーチェンジ
12月 新型プリウス発売
2016
(平成28年)
2月 尾鷲店新築
3月 桑名江場店新築
四日市新正店新築
4月 新型オーリス発売
6月 新型プレミオ発売
7月 創立60周年記念式典
8月 創立60周年記念三重トヨペット特別仕様車を発売
11月 TANK発売
12月 マークXマイナーチェンジ
新型C-HR発売
2017
(平成29年)
2月 新型プリウスPHV発売
3月 レクサスLC発売
6月 ハリアーマイナーチェンジ
アクアマイナーチェンジ
7月 エスクァイアマイナーチェンジ
新型カムリ発売
8月 レクサスCTマイナーチェンジ
9月 レクサスNXマイナーチェンジ
10月 レクサスLS発売
12月 介助専門士フォローアップ研修実施
介助専門士養成講習実施
アルファードマイナーチェンジ
2018
(平成30年)
2月 ISO14001:2015改訂版へ移行
4月 おもてなし強化の為ショールームスタッフ化
津垂水本店リニューアル
9月 シエンタマイナーチェンジ
10月 レクサスES発売
レクサスRCマイナーチェンジ
11月 レクサスUX発売
上野東インター店新築移転
12月 第43回ふれあいグリーンキャンペーン
プリウスマイナーチェンジ
2019
(令和元年)
4月 ショールームスタッフステップアップ制度新設
6月 代表取締役会長 川喜田 久 就任
代表取締役社長 井上 喜晴 就任